オーパーツ

ヴォイニッチ写本

解読不能の古文書

ヴォイニッチ写本

ポーランド系アメリカ人の古書商ウィルフリッド・ヴォイニッチによって、イタリア・ローマ近郊のモンドラゴーネ寺院で発見されたこの書物は、暗号のような未知の文字で記され、多数の挿絵が付いていて、その総ページなんと230ページもある。
今まで、数々の学者達が、このヴォイニッチ写本の解読に挑戦したが、誰一人として成功していない・・。


ヴォイニッチ写本の特徴
  • 特殊な人工文字によって何らかの説明らしき文章が並んでいる。
  • 何らかの植物や花の挿絵が描かれている。
  • 全裸の女性がプールや浴槽に浸かっている絵がある。
  • 挿絵の植物は地球上に存在しない架空の植物がある。
  • しかし挿絵のいくつかの植物はヨーロッパにあるものだということが判明している。
  • 魔術のような図や、顕微鏡などがないと描けない図まである。

謎多きヴォイニッチ写本

情報があまりに少ないことが、解読をより困難にしている。
まず、この写本は「何について描かれているのか?」それすら解っていない。
もし解読したとして、どのような価値があるのかさえ検討もつかない。
単なるでっち上げという見解もあるが、それをやる事により何の意味があるのだろうか・・・?

死ぬほど暇な人が、後世の人を困惑させるために、薄ら笑いを浮かべながら描いていたとしたら、相当性質が悪い。
実際暇で、変な奴ならそういう考えも起きるかもしれない。

もしくは、誰かに見られても内容を悟られないように暗号化した、単なる日記とか。
現に、学者達はこの写本の内容は、さほどたいした事が描いていなく、解読したところで得るものは少ないという見解で、半分諦めかけている。

  • ヴォイニッチ写本の写真2
  • ヴォイニッチ写本の写真3
  • ヴォイニッチ写本の写真4

物事には必ず理由がある。
230ページにも及ぶこの写本には、何らかのメッセージが隠されているのではないだろうか・・・。

※下記URLから、ヴォイニッチ写本を詳しく見る事ができます。(※別ページ)
自信のある方はぜひ、挑戦してみてはいかがでしょう?

Beinecke Rare Book & Manuscript Library  検索キーワード「 voynich 」