未確認生物(UMA)

ヒツジ男

酪農工場で造られたヒツジの怪物

ヒツジ男

アメリカ、カルフォルニア州ベンチュラにあるアリソン渓谷。ここに1925年ごろから棲息しているといわれる怪物がこの「ヒツジ男」だ。


体長2メートル、灰色の体毛に覆われた、筋骨たくましい体。黄色い目はネコのようで、2本の角を持つ頭部はヒツジに酷似している。こんな 不気味な生物が、白昼堂々と目撃されたのである。

1964年8月のある日、ハイキングに来ていた少年達のグループが、白昼、この不気味な生物と遭遇し、大慌てで逃げ出したという報告が残っている。

 実はこの怪物が徘徊する地域には、かつて酪農工場を装った軍の秘密化学工場が設置されていた。同工場は1924年に閉鎖されたが、その後まもなく、そこに幽霊が出るとか、人の形をした怪物を見たという報告が相次いだ。

その結果、ヒツジ男の正体に関しても、ある噂が囁かれることとなった。この怪物が、件の秘密化学工場で実施された秘密の実験の結果、生まれたらしいというものだ。しかし、事の真相はいまだに不明である。


参考文献 : 未確認動物UMA大全  並木伸一郎 (Gakken)