未確認生物(UMA)

モンキーマン

赤と青の光のモンキーマジック

モンキーマン

インドの首都ニューデリーには、『モンキーマン』と呼ばれる未確認生物が出現する・・・。体長1.4~1.6メートルほどで、上半身が黒い体毛で覆われ猿に似たモンスターである。体からの光を放ち、鋭い爪で人間を襲う。


鋭い爪で人々を100人以上を襲う

2001年4月から5月にかけて、このモンキーマンが夜のニューデリーに出没し、暑さしのぎに屋根の上で眠っていた人々を鋭い爪で次々と襲っていくという事件が発生した。

被害者はなんと100人以上にものぼり、一時は数千人の人々が他地区に避難するという大騒動に発展した。避難の混乱の中、転倒したり屋根から転落するなどして、数人の死者まで出てしまった。

地元のテレビや新聞には連日、「ミステリーモンキー」という見出しが躍り、真偽はともかく様々な情報が流された。警察は事態を重視し、モンキーマンの出没は単なる噂だと注意を呼びかけたが、事態は収まらずモンキーマン被害はその後も続いた。

やむを得ず警察はモンキーマンに懸賞金(約12万円)をかけて大々的に事態の収拾を図った。しかし、正体は一向に掴めず、次第に目撃情報も途絶え事件は闇の中に葬られた。


モンキーマンの正体
モンキーマン2

モンキーマンの正体について、未知の小型獣人説や、猿の誤認説、集団妄想説、動物兵器説など様々な仮説が唱えられたが、どれもこれも不確かなものである。
それにしても、上の写真のモンキーマンはなぜヘルメットを被ってショッカーみたいな格好をしているのだろうか・・・。

こんなふざけた奴のために、何千人もの人々が避難をして死者まで出たというのだから、インドの人も堪ったものではない。


参考文献 : 未確認動物UMA大全  並木伸一郎 (Gakken)