未確認生物(UMA)

フライング・ヒューマノイド

空飛ぶ人型生物

フライング・ヒューマノイド

1999年3月、メキシコ首都、メキシコシティから北東へ45キロの地点にある、テオティワカン遺跡の「太陽のピラミッド」で行われた春分の日の儀式の際、事件は起こった。
記念すべき儀式に出席した4000千人近くの人々の上空に、どう見ても人型の黒い物体が、パラシュートも何も付けずにゆらゆらと空中を浮遊していたのだ。

驚く人々を後目に、その物体はスカイダイビングをするかのように、地上へ向けて滑空してきた。

しかし、次の瞬間、上空に移動して遠く彼方に飛んで行ってしまったのだという・・・。
この怪奇な事件は、新聞などに報道され「フライング・ヒューマノイド(空飛ぶ人型生物)」として、一躍脚光を浴びた。

以来、世界有数のUFO目撃多発地帯であるメキシコで、数多くのフライング・ヒューマノイド目撃事件が起こることとなる・・・。


主な目撃情報

2000年3月、メキシコシティ在住のアマチュア天文観測家サルバドール・ゲレーロが、フライング・ヒューマノイドのビデオ撮影に成功した。(冒頭の写真)

サルバドールは、「雨が降ってくる少し前のことだった。いつものように空を見上げていると、人の形をした黒いものが浮いている。急いでビデオカメラを取ってきて、ズームにしたレンズでファインダーを覗いてみると、黒いものは確かに手も足もある人の形をしていた。しかもそれはグルグルと宙を舞っていたんだ。しばらくすると、ビルの背後に移動して見えなくなった。」と語る。

次いで10月1日。メキシコシティ空港から飛び立った、商業用定期航空機のパイロットと副操縦士が、飛行機と同じ高度を飛んでいるフライング・ヒューマノイドを目撃している。そして、その背中にはバックパックのようなものが付いて、手と足がはっきり確認できたという。

しかし、そのバックパックには、何らかの噴射装置が付いていたわけでもなく、なぜ空中にいられるのか、パイロット達は不気味に感じたという・・。


フライング・ヒューマノイドの写真2

さらには、これまで被害報告がないおとなしかったフライングヒューマノイドが、パトカーで巡回中の警官を襲われるという事件が発生した。

襲われたのは、メキシコ、グアダルーぺ署の警官レオナルド・サマニエゴである。

2004年1月16日午前3時15分すぎ、彼はパトカーの上空からフライングヒューマノイドに襲われたという。特徴は、焦げ茶色の皮膚、まぶたも白目もない大きな黒い目が特徴だったという。


レオナルド・サマニエゴの写真

彼が、レオナルド・サマニエゴ。
少々ロナウド似の真面目な好青年といった印象だ。彼が嘘をついているとはあまり思えない。

写真からは疲れている印象を受けることから、疲労による幻覚の可能性も考えられなくはない。たとえそうであれ、この事件がフライング・ヒューマノイドの仕業とは到底思えない。

たまたま世間の話題に上がっていたフライング・ヒューマノイド事件にかぶせただけなのかもしれない。


正体の考察

正体について、様々な考察がなされている。

  • 自在に空を飛ぶことができる、特殊能力者
  • 地球外生命体
  • アメリカ人体実験での、人型飛行生物の創造

全くもって根も歯もない話である・・・。
実は、正体について「地球外生命体」「宇宙人」「アメリカの生物兵器実験」など、それっぽい理由のないものは、オカルト界では苦し紛れの言い訳のようだ・・・。
確かにアメリカはそういう危ない事をやっていそうだ。
しかし、仮に生物兵器が創造されたとして、みすみす逃す間抜けでないことも確かである。未確認生物 ≒ アメリカの仕業ではない事を願う。


結局フライング・ヒューマノイドって?

まずはこちらの映像をご覧下さい。

フライングヒューマノイド

続いてこちらの映像をご覧下さい。

WASPⅡ

上の二つの映像を見比べて頂いておわかりになると思うが、瓜二つではないだろうか?フライング・ヒューマノイドと思っていた飛行物体が、実はWASPⅡだったとは考えられないだろうか?


Jet Pack(ジェット・パック)

これなんかは正真正銘のフライング・ヒューマノイドである。

しかし、フライング・ヒューマノイドというひと括りではあるが、その数は思っているより多い。一概にこれはフライング・ヒューマノイドだと決め付けられない。

フライング・ヒューマノイドは謎が多いがロマンに満ち溢れている。
誰しもが一度は、空を自由に飛びたいと思ったことはあるだろう。 フライング・ヒューマノイドは、人間の空を自由に飛びたいという願望から生まれた、幻想の一部なのかも知れない・・。


参考文献 : 未確認動物UMA大全  並木伸一郎 (Gakken)